二日酔いは吐くと症状は軽減するの?

お酒を飲むと吐き気がしてしまう、といった方は多いのではありませんか、特に気をつけるべきなのが、二日酔いですね。翌日になっても吐き気が残っているケースもあるのです。中には、吐いてしまっている方もいるのではありませんか。お酒を飲むに行くとトイレがお友達になってしまう方もすくなくありません。

今回は、お酒を飲んで吐いてしまったら、二日酔いの症状が軽減するのか、といった点についてお話します。確かに、吐くとアルコールも排出されて、アルコールの影響は受けにくくなりそうですが、実際にはどうなっているのでしょうか。お酒に強くなる方法を知りたい方は必見です。

・吐いたとしても二日酔いは軽減されない

確かに、履くとすっきりする、とったこともあるかもしれません。しかし、胃の中の物がすっきりするくらいの効果しかありません。そもそも、アルコールによる吐き気は胃から来ているのではありません。血液中などにあるアセトアルデヒド、と呼ばれる物質が引き起こしているのです。

アセトアルデヒドに関しては、吐いたくらいでは体外に排出されることはありません。肝臓によってさらに分解されなければならないのです。

仮に吐くことによってアルコールが体外に出されるのであれば、将来的な吐き気が抑制できるかもしれません。しかし、吐き気はある程度飲んでから発生してくるものです。ですから、吐き気がある時点で、もうアルコールが体内に吸収されています。そこで吐いてしまったとしても、何も良いことはありません。
つまり、吐くのは、お酒が強くなる方法とは言えません。

・吐くこと自体健康を害す売る可能性あり

吐く機会が多い方は、食道に問題が生じている可能性があります。履くということは胃の内容物が、口から出てくる状態になります。胃の内容物の中には胃酸が含まれているのです。胃酸が食道を通ると、食道を痛めてしまいます。いわゆる、逆流性食道炎といった状態になりかねません。

・吐くまでで飲まないことが大切

吐いたって何の解決にもならないことが分かったと思います。そこで考えて欲しいのが、自分の飲める量を知る、といったことです。限度のアルコール量を把握しておけば、吐き気といったものが出てくる機会はだいぶ減ります。

体調が悪い時には通常よりも酒量を減らす、といったことが大切です。体調の悪い時には、特に吐き気などの症状が出やすくなるので気をつけてくださいね。

このような事を意識するだけで、だいぶお酒に強くなる事が出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ