骨を溶かす悪い作用を持っているのが食品添加物と糖分だ!

身長を伸ばすのに炭酸飲料はどのような影響があるのでしょうか?

炭酸飲料には、イメージと違って身長に対する直接的な悪影響はありませんでした。しかし、実は他の物質には骨に悪影響のある成分があるのです。それらを摂取していると低身長になってしまうかもしれません。お子さんお身長を伸ばしたいのであれば、それらの物質をなるべく遠ざける、といったことが重要になるのです。

骨を溶かす悪いものですが、食品添加物と糖分です。その2つを多く取り入れていると、骨の生成がされにくくなり、成長しにくくなってしまいます。

今回は、食品添加物と糖分の身長に対する悪影響についてお話します。

・糖分を摂取すると身体はどうなってしまうのか?

適量の糖分であれば問題ありません。エネルギーの源なので、しっかりと摂取しなければなりません。仮に糖分の摂取量が少なくなってしまうと、身体を動かしにくくなってしまったり、代謝が悪くなってしまうことがあるのです。

一方で、糖分をとり過ぎても問題が発生します。当分は代謝される時に乳酸と呼ばれるものを生成してしまうのです。乳酸は体を酸性にさせる機能を持っており、身体を酸性にします。あまりに身体が酸性化してしまうと、それを中和しなければなりません。そこで利用されるのが、カルシウムやミネラルなのです。骨の成分でもあるわけですが、酸性状態を解消されるために使われてしまい、結果的に骨が溶けてしまうような状態になるのです。

・食品添加物を摂取すると身体はどうなってしまうのか?

食品添加物にはリン酸といったものが含まれています。リン酸が実は大きな問題を引き起こしてしまうことが分かっています。リン酸は腸内でカルシウムと結合することが分かっているのです。リン酸カルシウムと呼ばれる状態になってしまうのですが、結合されてしまったカルシウムは身体に吸収されなくなってしまいます。そのまま排出される憂き目にあってしまうのです。

そのカルシウムは骨に使われるものであったかもしれないのです。食品添加物を大量に摂取してしまうと、骨になるカルシウムが吸収されない状態になってしまい、骨の成長を阻害します。低身長の原因になってしまうので注意してください。

食品添加物は加工食品に多く含まれています。食事は、食材からつくる、といったことを実践してください。面倒なことかもしれませんが、子供の身長を伸ばすためには欠かせないことでもあります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ